未分類

山形新幹線で牛肉どまん中を食べるには??東京方面くだり

牛肉どまん中。山形米沢の名物駅弁。とってもおいしいですよね。

山形新幹線内で食べたことがある方はそのおいしさに気づかれていますよね。

でも、その全国的に有名な駅弁が山形新幹線つばさ内で食べられなくなってしまったことを知っていますか。実は2019年3月15日で車内販売を終了してしまったのです。

JR東日本は、日本レストランエンタプライズ(NRE)が実施する車内販売について、3月16日のダイヤ改正と同時に見直すと発表した。
3月15日までで車内販売の営業を終了する列車(区間)は、はやぶさ・はやて号の北海道新幹線(新青森~新函館北斗間)の区間、やまびこ号の全区間、こまち号の盛岡から秋田間、踊り子号、日光・きぬがわ・スページアきぬがわ号、草津号、それにいなほ号の酒田~秋田間。車内販売の営業を終了する列車や区間であっても、グランクラスサービスは継続する。
3月16日以降、取扱品目を見直す列車もある。取扱品目の見直し対象となる列車(区間)は、はやぶさ号、はやて号、つばさ号、こまち号(いずれも3月16日以降営業を継続する区間)、とき号、あずさ号、かいじ号、ひたち号、スーパービュー踊り子号、いなほ号(新潟~酒田間)。これらの列車では、弁当、サンドウィッチなどの軽食類、アイスクリームなどのデザート類、お土産類、雑貨類の販売を取りやめる。ホットコーヒー、ソフトドリンク類、菓子類、アルコール類、つまみ類は発売を継続する。
取扱品目の見直しによって、東北・上越方面の新幹線の車内販売のアイスクリームや、対象列車での「牛肉どまん中(山形新幹線・米沢駅の新杵屋)」などの人気駅弁の販売や、沿線各所のお土産などが車内販売で手に入れることが出来なくなるとみられる。
なお、北陸新幹線「かがやき」「はくたか」や、在来線のジョイフルトレインの車内販売は取扱品目を見直さず継続する。北陸新幹線では、引き続き車内販売のお弁当やアイスクリームなどを楽しむことができる。

https://www.traicy.com/20190218-jreast-shahan

とっても残念ですよね。車内で食べるから風情があっていいものの、気軽に買えなくなるのは本当に惜しいです。

しかし、山形新幹線内で食べる方法があるのです。

それは、山形新幹線米沢駅のホームで買ってしまえばいいのです。

え・・・そんなこと可能なの?

と思うかもしれませんが、

可能

なのです。

新幹線が駅に停車している間に買えばいいのです。

ホームで販売している売店は、山形新幹線が停車するホームに隣接しています。

すぐ買って、すぐに車内に戻れば可能なのです。

しかし、新幹線が停車している時間し2分しかありません。猶予は

2分なのです。

2分以内で、買って戻ってくるためには、売店のすぐそばで新幹線が停車して、ホームに降りて買う必要があります。

じゃーあ、何号車に乗ってどっちの扉から降りればいいのかきになりますよね。

それは、

下り方面

山形新幹線つばさ15号車右側

猶予は2分

米沢駅に到着する前からここの車両の扉の前にスタンバイしてすぐに買えば間に合います。

私が買った時には、売店のおじさんが気を使ってくれ、とてもスピーディーに会計を済ませてくれました。

弁当一つ1250円なのでできる限りぴったりのお金を準備しておくといいと思います。

牛肉どまん中と共に山形新幹線での旅を楽しんでください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です