学校生活

いじめをする子は、親へのSOSのサインかも・・・①

いじめをする子は、親へのSOSのサインかも・・・①

ママ
ママ
小学生のうちの子がいじめをしてるみたいなんだよね。
えりちゃん
えりちゃん
その原因は親にあるかもしれません。

 

いじめをしてしまう子は、どこか心に闇を抱えていると考えられます。いじめをすることで自分の心を紛らわしたり、穴埋めすることができるのです。

では、どんな闇を抱えているのでしょうか。

どうしていじめをするのか

 

寂しいから

寂しさを紛らわせるためにいじめてしまうことがあります。

この寂しさは、友達となかなか仲良くなれないことが要因になるケースもあれば、親が近くにいなく、関わりが少なくなってしまったことが要因になるケースもあります。

 

友達と仲良くなれないから

例えばクラスの中で自分だけ省かれているように思っている子は、自分より弱い者をいじめようとします。

これは、おとなしい子ではなく、どちらかというと気が強い子なのにも関わらず、友達ができない、いないと思ってしまう子によくあるのではないかと思います。

周りから見たら、友達がいないようには見えませんが、仲間外れにされているように思ってしまうようです。

そして、自分より弱い者をいじめることによって、心の寂しさを紛らわし、平常心を保つのです。

親との関わりが少なくなってしまったから

親との関わりがなく場合、例えば共働きで、子どもが家にいる時間でも親が家にいてあげられず、寂しい思いをさせてしまう。自分のことをママ、パパにもっと見てほしいと思い、わざと問題を起こすケースがあります。

人は、寂しいと構ってほしい思いますよね。子どもだって同じです。親との関わりが少ないために、孤独を感じているかもしれません。

 

解決策

友達ができないことが要因の場合、ママはよく子どもの話を聞いてあげてください。もし、学校での様子が気になるのであれば、学校の様子を聞いてください。いきなり、学校の様子をきくのが難しい場合は、「学校楽しい?」など軽い内容から話をしてみてください。本当に学校で寂しい思いをしているなら、きっと助けを求めてくるはずです。

共働きのケースでは、一日の中で子どもと一緒にいる時間を確保してください。今まで寂しくさせてしまったことを謝り、これからはこの時間は必ず一緒にいるようにすると約束してください。そして、約束を守り、子どもと一緒にいる時間では子どもとたくさん会話してください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です