おやつ

体に悪いアイスクリームと体に良いアイスクリームの差!

体に悪いアイスクリームと体に良いアイスクリームの差!

ママ
ママ
体に悪いアイスクリームと良いアイスクリームってあるの??
Ericher
Ericher
種類によって、ちがうのです。どんな種類がそうなのか見ていきましょう。

 

これからの時期、アイスクリームがよりおいしく感じる季節になりますね。

大人も子供も大好きなアイスクリーム。

アイスを選ぶとき、皆さんはどんな視点で選択していますか?

自分が好きなもの、美味しそうだと思ったものが多いとは思います。

何気なく手になるアイスクリームですが、

実は種類があるのです。その種類によっては体に悪いものがあるのです。

 

種類

アイスクリーム、アイスミルク、ラクトアイス、氷菓です。

アイスクリームのパッケージの端と裏に必ず記載されているものです。

しかし、これらの表記をみて購入したことはありますか?

実はこれら3種類は「ある成分」の含有量の割合が異なります。

そのある成分というのが「乳成分」です。

まずアイスクリーム類とは

乳またはこれらを原料として製造した食品を加工し、または主要原料としたものを凍結させたものあって、乳固形分3%以上を含むもの

をいいます。

この説明からアイスクリームというものに、乳固形分が重要であることが分かります。

それぞれのアイスクリームはこの乳固形分の割合が異なるのです。

それでは一つ一つのアイスクリームを詳しくみていきましょう。

〇アイスクリーム

乳固形分15%以上 うち乳脂肪分8%以上
乳固形分と乳脂肪分が最も多く含まれており、牛乳のような濃厚な味を楽しむことができる

〇アイスミルク

乳固形分10%以上 うち乳脂肪分3%以上
アイスクリームと比較すると、乳固形成分・脂肪分共に低いですが、牛乳と同じくらいの乳成分を含んでいます。しかし、乳固形分が少ないぶん植物油脂を使い、乳成分のような濃厚な味わいを再現しています。

〇ラクトアイス

乳固形成分3%以上
乳固形分はわずかで、植物油脂を使用することで濃厚さを出しています。

〇氷菓

乳固形成分はほとんどないです。果汁などを凍られたアイスキャンディやかき氷などがあります。

乳固形成分がほとんどないため、安全です。ちょっと冷たい物がほしい。なんて時には、かき氷やアイスキャンディなどを食べると体にいいかもしれません。

まとめ

いかがでしたか?

アイスクリームに種類があること、また種類によって内容が異なることをご存知でしたか?

なんとアイスクリーム以下の、アイスミルク、ラクトアイスには
なんと植物油脂が入っているのです!!

この植物油脂というのは、ヤシ油・パーム油・ナタネ油です。

上記の油脂は飽和脂肪酸が多く、その中にはトランス脂肪酸が多く含まれています。

こちらは過剰摂取によっては血栓・心疾患を招くと言われています。

また、アイスクリームのようななめらかな触感を保つため乳化剤や安定剤も多く含まれています。

 

特に、ラクトアイスは脂肪の割合が多く、カロリーも高い。

そのうえ、乳化剤や安定剤のような添加物も多く含まれている

普段何気なく食べているアイスクリームですが、種類により栄養成分が異なります。

もちろん、植物油脂の割合が増すほど、カルシウムの含有量も減少し、添加物も増えます。

ラクトアイス安くてボリュームが多いものが多いですが、

購入する前に少し表示を見てみませんか?

ちなみに、アイスクリームは、規約により「乳脂肪以外の脂肪の添加は禁止されています」

できることなら、アイスクリームを選択してあげたいですね。

これからは、アイスクリームを購入する際に是非表示を確認してください。

 

 

一般社団法人日本アイスクリーム協会参照



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です